HomeSeismoユーザページ

北海道胆振東部地震により被災された皆様に、心より深くお見舞い申し上げます。
平成30年北海道胆振東部地震に伴う被災地域への支援措置について
日本赤十字社 平成30年北海道胆振東部地震への義援金
ホームサイスモの事実に基づかない情報にご注意ください(2017年11月24日) 詳細

トピックス&更新履歴

2018年11月15日
【ユーザーの皆様へ】 HomeSeismoデータセンターメンテナンスのお知らせ(緊急地震速報の配信には影響がありません)
2018年11月14日
過去の緊急地震速報」のページを公開しました
本ページでは、過去に発表された緊急地震速報の検索ができ、任意の地点の予測震度・猶予時間や、気象庁発表の各地の実測震度(2017年4月1日以降のみ)等を確認できます
2018年11月1日
【ユーザーの皆様へ】 2018年11月1日気象庁訓練報が終了しました
507拠点で訓練報を使用した避難訓練が行われました
2018年10月4日
【ユーザーの皆様へ】 PLUM法で使用する「リアルタイム震度電文」の配信を、10月4日10:00より開始しました
※ ライトプランはPLUM法(予報)に対応しません。プラン変更優待期間を設けますので、この機会にぜひご検討ください。
※ スペシャルプランJMAにて、気象業務支援センターから直接緊急地震速報を受信されているお客様は、リアルタイム震度電文の配信についてお客様のご担当者様にご確認ください。
2018年10月1日
地震減災 nippon プロジェクト」の取り組みとして、95,450円を日本赤十字社を通じて被災された方々に寄付いたしました
2018年8月9日
2018年8月7日に「地震動(波面伝播非減衰震度)」(PLUM法)の予報業務変更許可を取得しました(変更認可第98-1号)
最新の緊急地震速報」について、PLUM法に対応しました。
2018年6月21日
6月18日 大阪府北部の地震で、大阪・京都・兵庫に設置されている端末の内、地震計機能が有効になっていた152台が、緊急地震速報より早く内蔵地震計で動作したことを確認しました
震央から約1kmの地点(高槻市)に設置された端末の動作は、緊急地震速報の約5秒前でした
2018年5月10日
【ニュースリリース】 東北大・国際航業・エイツー・NEC リアルタイムに津波浸水被害を推定する技術を核とした共同出資会社「RTi-cast」を設立

トピックス&更新履歴一覧

ユーザページでできること

緊急地震速報受信機 HomeSeismo(ホームサイスモ)をご利用いただくためには、新規ユーザ登録(設置場所の登録)を行います。
新規ユーザ登録を行うと、緊急地震速報が受信できるようになります。
また、端末1台ごとにユーザページが作成され、試験放送や端末の動作履歴等を確認することができます。

ユーザページでできること 詳しく

このページのトップへ